FC2ブログ

大仏よりもシカに夢中!(2018/6)

大阪・奈良の笑旅の続き


少々残念なホテルをチェックアウトして、オジサン(父のいとこ)はご帰宅。

父は和歌山に旅行するらしく、ここでサヨナラ。


私と韓国人夫S、母M様の3人で近鉄奈良駅へ。

201808072016_0111_125906_0041.jpg
奈良のメインゆるキャラは、「セント君」から「しかまろ」に変わったって聞いたが・・・

セント君は、あちこち健在。



韓国人夫Sちゃんのために韓国語マップをもらうため、観光案内所行った。


英語担当のオジサンが暇だったらしく、なんと丁寧に赤ペンで観光コースと見所、所要時間まで書いてくれた。

ありがたい。

ルートは、依水園→吉城園→東大寺→春日大社→興福寺



去り際に英語担当のオジサンが

「旦那さんとは韓国語で話してるの?」って聞いてきた。

「いや、日本語です。夫の日本語レベルが高いので」と答えたら。

「もっと、韓国語がんばりなさい」って。

何なんだ・・・・
201808072016_0111_131233_0011.jpg
歩き始めるとすぐに、シカ発見!!

夫はシカに吸い寄せられるように、近づき。

201808072016_0111_131253_0021.jpg
シカに夢中で、戻ってこない。


一方、母M様は市庁前で行われていた山形物産店が気になる様子。

訪問時は、6月で佐藤錦が出たばかり。

奈良まで来て、佐藤錦を買わなくてもいいのに、なぜか大量購入。


二人の寄り道の末、ようやく依水園にたどり着くも、なんと入園料が900円。(ちなみに吉城園は250円)

夫Sは、シカにしか興味ない。
母M様は、食べ物とお酒にしか興味ない。

ということで、依水園と吉城園はパス。


201808072016_0111_133633_0011.jpg
とうとう、やってきた東大寺。

201808072016_0111_134501_0041.jpg
夫Sちゃんは、大仏大好きだと言っていたので、当然東大寺の大仏も喜ぶかと思いきや。

心は、すっかりシカにあり。大仏にたいした興味もなく。

シカにシカ煎餅をあげたくて仕方ない。
201808072016_0111_134759_0071.jpg
横顔が意外とステキ。

201808072016_0111_134723_0051.jpg
大仏の台座

よく見ると、ここにも細かく色々描かれている。

201808072016_0111_135450_0011.jpg
大仏の鼻の穴と同じ大きさの穴。

ここを通ると無病息災のご利益があり。

そういえば、中学3年生の時にこの穴を通ったけど、翌年に病気で入院・手術したのを思い出した。

厄が落とされたのか?!

201808072016_0111_140143_0011.jpg
東大寺にあるお顔がちょっと怖い仏像。

賓頭盧尊者像

病を患っている部分をなでると治るらしい。

201808072016_0111_140242_0021.jpg
「肥満がなおりますように」とお腹をナデナデ。

201808072016_0111_145209_0021.jpg
そして春日大社。

そう言えば、春日大社って何で世界遺産??
201808072016_0111_145906_0011.jpg
こちらはさーっと見学して終了。

20180807DSC_07851.jpg
この後は、夫Sちゃんお待ち兼ねのシカ。

シカ煎餅を買い、意気揚々をシカの元へ。
20180807DSC_078611.jpg
シカ煎餅なんて持ってたら、狙われる。

シカももっと狙ってくれたらいいのに、シカ煎餅を焦らしてあげる夫S。


母M様も、さすがに夫Sのシカ遊びに痺れを切らすが、戻ってこない。

どんだけシカに夢中なんだよ。



この後、昼食を取り。(それは別途)

201808072016_0111_170108_0011.jpg
最後は、興福寺。(五重塔の写真かと思ったら三重塔だった)

もうこの頃には、みんな疲れてほとんど見る気がない。

この疲れの原因は、夫Sのシカ遊び待ちではないかと疑って止まない。



とりあえず、主要なところは見れたので、これで良し。

場所:
東大寺
春日大社
興福寺


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
よかったら毎回↑押してジュセヨー



スポンサーサイト



4 Comments

ビョン  

Sちゃんは何故そんなに鹿に夢中になったのでしょうか?
奈良の鹿と聞くと、吉永小百合の「奈良の春日野」という曲に併せ、
明石家さんまが鹿の被り物をしてあてぶりした「ふんふんふん」という曲が頭の中に流れます。

春日大社、東大寺、法隆寺など、有名どころは全部周ったはずなんですが、
京都に比べると、どうも奈良の神社仏閣は地味過ぎてどれも記憶に残って
いないんですよね。ザンネン

2018/08/13 (Mon) 20:03 | EDIT | REPLY |   

不二子  

こんばんは。
そうなんですよね~。外国の方は鹿に夢中と言う光景
有るある有るですね(笑)。発情期は凶暴になるみたいですよ。

2018/08/13 (Mon) 20:35 | EDIT | REPLY |   

ありちん  

Re: タイトルなし

ビョンさん、こんにちは。

夫はとにかく動物に触りたがりなんです。
しかも、韓国では鹿にエサをやるってことがないから夢中になったんですかね~。
いい迷惑(笑)

奈良は本当に地味ですよね。
食べ物も地味でした。
調べると日本酒は色々種類があるようです。
やはり農業県です。
このあと書きますが、日本酒好きにはいい場所かもしれません。




> Sちゃんは何故そんなに鹿に夢中になったのでしょうか?
> 奈良の鹿と聞くと、吉永小百合の「奈良の春日野」という曲に併せ、
> 明石家さんまが鹿の被り物をしてあてぶりした「ふんふんふん」という曲が頭の中に流れます。
>
> 春日大社、東大寺、法隆寺など、有名どころは全部周ったはずなんですが、
> 京都に比べると、どうも奈良の神社仏閣は地味過ぎてどれも記憶に残って
> いないんですよね。ザンネン

2018/08/14 (Tue) 12:58 | EDIT | REPLY |   

ありちん  

Re: タイトルなし

不二子さん、こんにちは。

外国人は鹿に夢中、まさにそのとおりでした。
他の外国人も鹿に夢中で、めちゃくちゃ鹿せんべいをあげてました。

発情期は凶暴になるんですね、気をつけなければ。
ちなみにこの時は、子鹿の出産ラッシュだったようです。


> こんばんは。
> そうなんですよね~。外国の方は鹿に夢中と言う光景
> 有るある有るですね(笑)。発情期は凶暴になるみたいですよ。

2018/08/14 (Tue) 12:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment